×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【大徳寺】

大徳寺
臨済宗大徳寺派の大本山である大徳寺(だいとくじ)。宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)が創建。堺の尾和宗臨の援助で一休宗純(いっきゅうそうじゅん)が再建しました。千利休も関わり、塔頭に茶室も多いことから「大徳寺の茶面」とも言われます。

総門
総門

三門
勅使門、三門、仏殿、法堂と一直線に並びます。

勅使門
勅使門

勅使門
唐門は聚楽第の遺構ともいわれ、京の三唐門の一つ。

大徳寺
塔頭が多いことでも知られ、塔頭に聚光院瑞峯院高桐院芳春院があります。芳春院の楼閣呑湖閣は京の四閣の一つ。

大徳寺

大徳寺
臨済宗大徳寺派の大本山で、広い寺城に別院二ヶ寺と二十一の塔頭を有する。
鎌倉末期の正和四年(一三一五)に、大燈国師(宗峰妙超)により開創され、花園天皇と後醍醐天皇の厚い信仰を受けた。室町時代には、幕府の保護を辞退して在野の禅院として独自の立場を貫いた。応仁の乱で建物は焼失したが、「一休さん」として親しまれている四十七世住持の一休宗純が堺の豪商の保護を受けて復興し、豊臣秀吉や諸大名により建物や寺領が寄進され、江戸時代初期に現在の建物はほとんど整えられた。
三門・仏殿・法殿・経蔵・庫裏(以上いずれも重要文化財)・方丈(国宝)など、主要建物がすべて保存され、禅宗の典型的な伽藍配置を示している。唐門(国宝)は聚楽第の遺構と伝えられており、豪華な彫刻に飾られていた桃山時代の代表的建物である。方丈の室内を飾る狩野探幽の襖絵(重要文化財)をはじめ、書画、古文書など多くの寺宝を蔵する。
茶祖・村田珠光、千利休など多くの茶人の帰依を受け、茶道とのかかわりが深い。



【地図・アクセス】
京都市北区紫野大徳寺町

周辺のポイント

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社