×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【京都霊山護国神社】

京都霊山護国神社

東山にある京都霊山護国神社(きょうとりょうぜんごこくじんじゃ)。
京都霊山護国神社
桂小五郎坂本龍馬、中岡慎太郎らの墓があります。

京都霊山護国神社

京都霊山護国神社
当神社は、幕末、維新に殉じた志士と、それ以降、大東亜戦に至る京都府出身の英霊七万三千十一柱を奉祀する。
幕末、各藩が東山三十六峰の中心であるここ霊山に、それぞれ殉難者を祀ったのが問う神社の起源で、明治元年(一八六八)五月に、太政官布告をもって我が国初の官祭招魂社とすべきことが定められた。この布告により各藩は社殿を建設し、同年七月には盛大な祭典が挙行された。
明治十年(一八七八)には皇室より巨費が下賜されて神域が整備され、全国招魂社のうち最も崇敬を集めた。更に、昭和四年(一九二九)六月には、昭和天皇御即位大礼の建物を下賜され、現社殿を整備し、昭和十四年(一九三九)に護国神社と改称して現在に及んでいる。
霊山神域内には、坂本龍馬・中岡慎太郎・木戸孝允(桂小五郎)・平野国臣・宮部鼎蔵をはじめ蛤御門の変・天誅組の義拳等に加わった志士の墓三百余基があり、千三百五十六柱が合祀されており、この地は明治維新を偲ぶ大霊域・史跡となっている。


京都霊山護国神社
小高い山の上にあるため、京都の景色も一望できます。


【地図・アクセス】
京都市東山区清閑寺霊山町
京都霊山護国神社・地図

【ホームページ】
京都霊山護国神社HP


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社