×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦


【法然院】

法然院
浄土宗の法然院(ほうねんいん)。

法然院
境内には谷垣潤一郎らのお墓があります。善気水が湧いています。

法然院


法然院


法然院

法然院
善気山萬無教寺と号する浄土宗系の単立寺院である。
鎌倉時代の初め、法然上人が弟子の住蓮、安楽とともに、阿弥陀仏を昼夜に六回拝む六時礼讃を勤めた草庵で、寛永年間(一六二四〜一六四四)ほとんど廃絶していたが、延宝八年(一六八〇)に知恩院の第三十八世萬無心阿上人と弟子の忍澂和尚が念仏道場として再興した。
本堂には恵心僧都作の阿弥陀如来坐像と法然上人自作木像を安置し、直壇には毎朝二十五の生花が散華される。
方丈は、桃山御殿の遺構を移建したものといわれ、襖絵十四面の「桐に竹図」「若松図」「槇に海棠図」及び屏風の雪松図はいずれも重要文化財に指定されている。
参道に散る椿が名景として知られており、境内には、谷崎潤一郎、九鬼周造、河上肇ら多くの文化人の墓がある。



【地図・アクセス】
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町
法然院・地図
周辺のポイント


【ホームページ】
法然院HP



MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社