×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【新熊野神社】

新熊野神社
京都三熊野社の一つ、新熊野神社(いまくまのじんじゃ)。

新熊野神社
足利義満が観阿弥、世阿弥の能を最初に見た場所と言われています。

新熊野神社

新熊野神社
熊野信仰が盛んであった平安後期の永暦元年(一一六〇)、後白河上皇が紀州(現在の和歌山県)熊野の神をこの地にあった仙洞御所法住寿殿の内に勧請して、当社を創建した。上皇の命を受けた平清盛は、熊野の土砂や桟木を用いて社城や社殿を築き、那智の浜の青白の小石を敷いて霊地熊野を再現したとされる
皇室の尊崇が厚く、社城は広壮、社殿は壮厳を極めたが、応仁の乱で荒廃し、現本殿(市指定有形文化財)は寛文十三年(一六七三)に聖護院の道寛親王により再建されたものである。
境内の樟の木は、熊野から移植した後白河上皇お手植えの神木といわれ、健康長寿、特に原を守護するう神、また、安産の守り神として信仰されている。
足利義満が初めて観阿弥・世阿弥父子の能を見た場所としても知られている。





【地図・アクセス】
京都市東山区新熊野新熊野神社

【ホームページ】
新熊野神社HP


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社