×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【直指庵】

直指庵
北嵯峨にある浄土宗寺院・直指庵(じきしあん)。

直指庵
1646年に創建されましたが、津崎村岡局によって浄土宗寺院として再興されました。

想い出草ノート
本堂にある「想い出草ノート」でも知られ、思いを書き込む部屋もあります。

竹林
一帯は竹林の囲まれています。

直指庵
境内は苔も生え、、紅葉の時期も人気です。

直指庵

直指庵
祥鳳山と号する浄土宗の寺である。
もとは黄檗宗に属し、正保三年(一六四六)に日本黄檗宗の開祖・隠元禅師の法燈を継ぐ独照禅師が、この地に没蹤庵という一宇の草庵を営んだのが起こりと伝えられる。以後、諸堂が整えられ大寺となったが、禅の「直指人心」の教えに従って、寺名を定めず、直指庵と称した。
その後、次第に寺は荒廃したが、幕末の頃、近衛家の老女村岡局によって再興された。局は、近衛忠煕に仕え、勤王の志士たちと近衛家およびその他の公卿と連絡に当たっていたが、安政の大獄に連座し、江戸に送られた。後に、許されて帰洛し、嵯峨のこの地に隠栖し、付近の子女の教育に努めた。本堂北の竹林の中に局の墓がある。諸堂は、明治十三年(一八八〇)に焼失したが、有志の人々の手によって再建された。
本堂には、本尊阿弥陀如来像を安置し、開山堂には、独照禅師の本像を祀る円塔がある。



【地図・アクセス】
京都市右京区北嵯峨北ノ段町

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社