×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【平安神宮】

平安神宮
平安遷都1100年を記念して創建された平安神宮(へいあんじんぐう)。桓武天皇、孝明天皇が祭神です。

大鳥居
神宮道にある大鳥居

応天門
応天門

神楽殿
神楽殿

大極殿
大極殿

平安神宮
時代祭の列は京都御所から平安神宮へ向かいます。東西北にある神苑は小川治兵衛作のもの。

平安神宮
明治二十八年(一八九五)桓武天皇の平安奠都一一〇〇年祭を記念し、桓武天皇を祭神として創建された神宮である。紀元二六〇〇年にあたる昭和十五年(一九四〇)には、平安京最後の天皇である孝明天皇も合祀された。
社殿は、平安京の政庁の中心である朝堂院の形式を、およそ三分の二に縮小して復元したものである。二層の神門は応天門、中央正面一層入母屋造の拝殿は大極殿、拝殿左右の楼閣は東は蒼龍楼、西は白虎楼、何れも平安京のものを厳密に考証して復元したもので、京都市の指定文化財である。
本殿の背後一帯は約三万平方メートルからなるひろい神苑で、四つの池を中心に各時代の庭園形式を取り入れた池泉回遊式の明治を代表する庭園で、国の名勝に指定されている。
例祭は四月十五日。十月二十二日の時代祭も当神宮の祭礼で各時代の風俗絵巻を都大路にくりひろげる。なお、大鳥居は国の登録有形文化財である。



【地図・アクセス】
京都市左京区岡崎西天王町

【ホームページ】
平安神宮HP



MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社