×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【金地院】

金地院
臨済宗寺院・金地院(こんちいん)。南禅寺の塔頭です。

金地院
京都三名席の一つ、茶室・八窓席(はっそうせき)があります。方丈は伏見城の遺構

明智門
明智門

金地院
弁天池

東照宮
東照宮。徳川家康の遺髪が残されています。

鶴亀の庭
方丈庭園は小堀遠州作で、「鶴亀の庭」と呼ばれています。左が亀島で、右が鶴島。

金地院

金地院
臨済宗南禅寺派に属する。応永年間(一四〇〇年頃)、南禅寺六十八世大業徳基が北区鷹峯に開いたのが当寺の起こりであるが、江戸時代の初め、以心崇伝がこの地に移して再興した。崇伝は徳川家康の信任を受けて政治外交の顧問として活躍し、寛永四年(一六二七)に当寺の大改築に着手して現在の寺観を整えた。崇伝はまた僧録司となって宗教界全体の取締りに当たり、以後幕末まで当寺は僧録司の地位にあった。
方丈(重要文化財)は伏見城の遺構と伝えられ、こけら葺き入母屋造り、書院造りの代表建築で、内部は狩野派諸家のふすま絵で飾られている。茶室八窓席は小堀遠州の設計で、三畳台目の遠州流茶室として有名である。「鶴亀の庭」と称される方丈庭園(特別名勝)もまた、小堀遠州が直接指揮して作庭した確実な証拠を有する唯一の庭園で、寛永九年(一六三二)に完成した名園である。境内の東照宮(重要文化財)は寛永五年(一六二八)の建築で、地方の東照宮の代表的なものである。このほか、寺宝として水墨画の名品など多くの文化財を蔵している。


【地図・アクセス】
京都市左京区南禅寺福地町

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社