×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【釘抜地蔵】

釘抜地蔵
浄土宗寺院・釘抜地蔵(くぎぬきじぞう)。石像寺(しゃくぞうじ)が正式名称です。

釘抜地蔵
地蔵堂の石造地蔵菩薩立像に由来。元々は苦抜地蔵でしたが、手に刺さった2本の釘を抜いて救ったことから釘抜地蔵とも呼ばれるようになりました。

釘抜地蔵
地蔵堂の壁には2本の釘と釘抜きがたくさん掛けられています。

釘抜地蔵

石像寺(釘抜地蔵)
正しくは光明遍照院石像寺という浄土宗の寺院で、「釘抜地蔵」「くぎぬきさん」として親しまれている。
弘法大師(空海)の開基と伝えられ、もと真言宗であったが、重源上人が中興してから浄土宗となった。
地蔵堂に安置する石造地蔵菩薩立像は弘法大師の作と伝えられ、もとは諸々の苦しみを抜き取るという信仰から苦抜地蔵と呼ばれていたが、それがなまって釘抜地蔵となった。一説には、手の病気に苦しむ商人の夢に地蔵菩薩が現れ、手に刺さっていた二本の恨みの釘を抜いて救ったことから釘抜地蔵と呼ばれるようになったとも伝えられる。
地蔵堂背後の阿弥陀三尊像(重要文化財)は、鎌倉初期の傑作で、中尊の阿弥陀如来像は高さ約一、二メートル、元仁元年(一二二四)、伊勢権守、佐伯朝臣為家によって彫られ、翌年、開眼供養した銘がある。観音堂には行基の作と伝えれる観世音菩薩を祀っている。
境内には、弘法大師三井の一つという加持水がある。また、この地は鎌倉時代初期の歌人・藤原定家、家隆が住んだ所ともいわれており、定家らの墓と伝えるものがある。


【地図・アクセス】
京都市上京区千本通上立売上ル花車町

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社