×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【綜芸種智院跡】

綜芸種智院跡
空海が創設した学校・綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)。現在も種智院大学として残っています。跡碑は西福寺前にあります。

綜芸種智院跡

綜芸種智院跡
綜芸種智院は、「空海(弘法大師)」が天長五年(八二八)に創設したもので、平安初期の私立学校として注目される。
当時の大学・国学(国立学校)への入学については厳格な身分制限があり、一般民衆が学問を志すことは非常に困難であったが、同院はこういった人々のために設置されたものである。
用地は、藤原三守が九条邸を提供し、これを充てた。
同院では、内典(仏書)・外典(儒書)の講義を行い、種智(仏道・真理を究めようとする心)への到達を図った。その制規は、空海自筆の「綜芸種智院式」で知られる。
このように、当時としては画期的な理想の下に創建された同院であったが、承知二年(八三五)に空海が六十二歳で没して以後、後継者を得ず、廃絶した。
なお、現在の私立種智院大学(京都市伏見区)は、同院の伝統を継いで設立されたものといわれている。



【地図・アクセス】
京都市南区西九条池ノ内町

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社