×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦


【東福寺】

東福寺
臨済宗東福寺派の東福寺(とうふくじ)。円爾弁円(えんにべんえん)開山。 京都五山の第四位と評されました。「東福寺の伽藍面」ともいわれ、周りには多くの塔頭があり、京都五山の第五位、万寿寺もその一つです。

東福寺紅葉
紅葉の時期の通天橋は人気で、多くの人が訪れます。

東福寺三門
国宝・三門の建築様式は大仏様(だいぶつよう)で、禅宗最古の三門です。

東福寺三門


八相の庭
作庭家・重森三玲が方丈庭園に「八相の庭」を作庭。

北庭
北庭

東福寺紅葉
東福寺は東大寺と興福寺からそれぞれ1字をもらってます。六波羅門は六波羅探題南方門が移築されたもの。

東福寺

東福寺
恵日山と号し、臨済宗東福寺派の大本山である。藤原道家が嘉禎二年(一二三六)東大寺、興福寺と並ぶ大寺の建立を発願して東福寺と名付け、禅僧円爾弁円(聖一国師)を開山に招いて、建長七年(一二五六)完成した。その後火災を受けたが、室町初期に道家の計画通り再建され、京都五山の一つとして栄え、多くの伽藍、塔頭が立ち並び、兵火を受けることもなく明治に至った。明治十四年に惜しくも仏殿、法堂など中心部を焼失したが、今なお堂々たる中世禅宗の寺観を保っている。
三門(国宝)は室町初期の作、禅宗三門として最古の遺構である。禅堂(禅僧の坐禅所)、東司(便所)、浴室も室町時代の建物(重要文化財)でいずれも禅宗建築の重要な遺構である。本堂、方丈は近時の再建で、開山堂に至る渓谷には多くの効用があって通天橋が架かり、また偃月橋、臥雲橋が架けられて紅葉の名所をなしている。


臥雲橋
臥雲橋

唐門
方丈の唐門(恩賜門)。明治43年に造営。


【地図・アクセス】
京都市東山区本町

【ホームページ】
東福寺HP


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社