×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【梅宮大社】

梅宮大社
右京区の梅宮大社(うめのみやたいしゃ)。

梅宮大社
「跨げ石(またげいし)」は子宝に恵まれ、白砂は安産のお守りとされています。

梅宮大社


梅宮大社
祭神は酒解神、大若子神、小若子神、酒解子神の四座、式内神で二十二社に列し、もと宮幣中社であった。橘諸兄の母縣犬養三千代の創建といわれ、古くは橘氏の氏神であった。酒解神(大山祇神)の御子酒解子神(木花咲耶姫命)は大若子神(瓊瓊杵尊)と一夜の契りでやがて小若子神(彦火火出見尊)をお生みになった。そこで姫は歓喜して狭名田の稲をとって天甜酒を造り、これを飲まされたという神話から当社は安産と造酒の神として古くから有名である。
現在は本殿、拝殿、幣殿、廻廊、中門などがあるが、これらは元禄十三年(一七00)の再建になるものである。境内には大堰川の水がひかれ、池辺にはかきつばたや花菖蒲が多くあり、西方梅林美しい。
また、境内の砂は安産の民間信仰があり「またげ石」は、これを跨げば子供が授かると伝えられる。


跨げ石
跨げ石


【地図・アクセス】
京都市右京区梅津フケノ川町

周辺のポイント

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社