×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【わら天神】

わら天神
北区にあるわら天神(わらてんじん)。正式には敷地神社(しきちじんじゃ)。

わら天神
安産の神様として知られます。

わら天神
藁に節があれば男の子、節がなければ女の子が生まれるという信仰が由来。

わら天神
安産御守4000円。中には産衣、お守り、お菓子が入っています。お菓子は帯を巻く日に食べます。他にも腹帯付きのお守りもあります。

わら天神
お守りの入れ物には、お守り、藁、オブラートが入っていて、帯に入れて身に付けておきます。オブラートは産気づいた時に口にするそうです。

わら天神
このような形で藁が入っています。

わら天神
産衣。


【地図・アクセス】
京都市北区衣笠天神森町

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社