×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【養源院】

養源院
三十三間堂の東側にある浄土真宗寺院・養源院(ようげんいん)。

養源院
淀君が父・浅井長政の菩提寺として建立。本堂には伏見城の遺構血天井があります。

養源院


養源院
豊臣秀吉の側室淀殿が父の浅井長政の迫善のため、文禄三年(一五九四)に政伯法印(長政の従弟)を開山として建立した寺で、長政の法号「養源院」を寺号とした。
建立後、間もなく火災に遭ったため、元和七年(一六二一)に淀殿の妹で徳川秀忠夫人の崇源院が伏見城の遺構を移して本堂を再建し、以来、徳川家の菩提寺となり、歴代将軍の位牌を祀っている。
本堂の廊下の上の天井は、関ヶ原の合戦前、家康の命を受けて伏見城を死守した鳥居元忠以下の武士が自刃した時の廊下の板を天井に上げ、その霊を弔ったもので、俗に、血天井として知られている。
本堂の杉戸及び襖の絵(ともに重要文化財)は俵屋宗達の筆によるもので、杉戸には唐獅子、白象、麒麟等の珍しい行動が描かれており、奇抜で新鮮味にあふれ、中学・高校の美術の教科書にも用いられている。


【地図・アクセス】
京都市東山区三十三間堂廻り町

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社