×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦


【三十三間堂】

三十三間堂
天台宗寺院・三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)。正式名称は蓮華王院(れんげおういん)です。

三十三間堂
本堂の柱の間隔が三十三あることが由来。湛慶の千手観音坐像を中心に千手観音像が1001体並びます。1月15日の通し矢でも知られます。

南大門
南大門

太閤塀
築地塀(太閤塀)は桃山時代の建築。

三十三間堂

蓮華王院本堂(三十三間堂)
現在は天台宗妙法院の管理になるお堂で、正式には蓮華王院と言い、長寛二年(一一六四)鳥部山麓(現・阿弥陀ヶ峯)にあった後白河上皇・院政庁「法住寺殿」の一画に平清盛が造進した。一度、焼失したが、直に復興に着手し文永三年(一二六六)に再建。その後、四度の大修理を経て七百五十年間護持されている。
長大なお堂は「和様入母屋本瓦葺」で、南北に百十八メートルあり、お堂正面の柱間が三十三あることから「三十三間堂」と呼ばれ、堂内には丈六の千手観音坐像(国宝)を中心に千一体もの観音像(重文)と共に風神・雷神、観音二十八部衆という三十体の仏像(国宝)が祀られている。境内の太閤塀と南大門は、豊臣秀吉ゆかりの建造物(重文)で、毎年正月に行われる「通し矢」にちなむ弓道大会は、京都の風物詩になっている。


【地図・アクセス】
京都市東山区三十三間堂廻り町

三十三間堂・地図

【ホームページ】
三十三間堂HP



MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社
京料理・京菓子
歴史・地域地名
京文化・花街・建築
祭り・イベント
文学作品・人
京都名水・石碑
その他
年間行事
過去問・練習問題
相互リンク・メール
京都検定とは