×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【明智光秀首塚】

明智光秀首塚
明智光秀の首が埋められたといわれる明智光秀首塚。

首塚
天王山の戦いで敗れた後、伏見・小栗栖で農民に襲われ、家来が光秀の首を持ち帰ったといわれています。

明智光秀

明智光秀の塚
天正10年(一五八二年)、本能寺にいた主君の織田信長を九襲した明智光秀は、すぐ後の山崎(天王山)の戦いで羽柴秀吉(豊臣秀吉)に敗れ、近江の坂本城へ逃れる途中、小栗栖の竹藪で農民に襲われて自刃、最後を遂げたと言われる。
家来が、光秀の首を落とし、知恩院の近くまできたが、夜が明けたため、この地に首を埋めたと伝えられている。



【地図・アクセス】
京都市東山区白川筋三条下ル梅宮町

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社
京料理・京菓子
歴史・地域地名
京文化・花街・建築
祭り・イベント
文学作品・人
京都名水・石碑
その他
年間行事
過去問・練習問題
京都観光