×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【東本願寺】

東本願寺
浄土真宗大谷派の本山・東本願寺(ひがしほんがんじ)。

東本願寺
西本願寺から分派しました。飛地境内地に渉成園があります。

東本願寺

東本願寺
真宗大谷派の本山で、真宗本廟といい西本願寺と区別して一般に東本願寺と呼ばれている。
本願寺は文永九年(一二七二)宗祖親鸞のむすめ「覚信尼」が、東山大谷の地に仏堂を建て、親鸞の御影を安置した時にはじまるが、室町時代第八代「蓮如」の時代に教団は飛躍的に発展し、戦国時代には大きな勢力となって織田信長にも対抗した。豊臣秀吉は、六条堀川の地に本願寺を再興し、ついで徳川家康は慶長七年(一六〇二)この地を寄進し、第十二代教如が堂舎を建てて本寺がはじまった。
堂舎は、その後たびたび火災にあい、現在の建物はいずれも明治時代からの再建であるが、真宗寺院の典型的な様式と配置を示している。親鸞の御影を安置する御影堂は阿弥陀堂よりも大きく造られて中心をなし、高さ三八メートル正面の幅七六メートル、内部は九二七畳の大広間であり竣工は明治二八年である。
寺宝には親鸞直筆の教行信證(国宝)、紙木著色本願寺聖人伝絵(重文)等の文化財のほかに両堂再建に使われた「毛網」等多くを蔵している。



【地図・アクセス】
京都市下京区烏丸通七条上ル常葉町

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社