×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【渉成園】

渉成園
東本願寺の飛地境内地・渉成園(しょうせいえん)。徳川家光が寄進した地に、石川丈山らが作庭しました。

滴翠軒と臨池亭
滴翠軒と臨池亭

傍花閣
楼門・傍花閣

印月池
印月池

ろう風亭
ろう風亭

渉成園

渉成園(枳殻邸)
東本願寺の別邸で、周辺に植えられた枳殻の生垣にちなんで枳殻邸とも呼ばれる、寛永一八年(一六四一)、この地を徳川家光から寄進を受けた本願寺宣如上人が、承応二年(一六五三)、石川丈山らとともに庭園を築き、別邸としたところである。もとは、鴨川に達する広大なものであったが、現在でも二〇〇メートル四方の大きな庭園である、この地は、平安時代の初め、左大臣源融が奥州塩釜の風景を模して作った河原院の跡に近く、作庭に際し、印月池と呼ばれる広い池を中心に、池には島を浮かべて石橋や土橋で結び、周囲には樹木を茂らせ、源融をしのぶ名所も作られて、平安朝の面影を再現している。園内には、楼門傍花閣、書院ろう風亭、滴翠軒、臨池亭、茶室漱枕居、縮遠亭、持仏堂の園林堂、橋廊の回棹廊などいずれも蛤御門の変による大火後の再建であるが、庭園によく似合った建物が配されている。



【地図・アクセス】

【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社