×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都検定に挑戦

【仲源寺】

仲源寺

祇園にある浄土宗の仲源寺(ちゅうげんじ)。雨止祈願から目疾となり、本尊は目疾地蔵(めやみじぞう)と言われています。
仲源寺

現在は眼病平癒として祈願されています。

仲源寺

仲源寺(目疾地蔵)
浄土宗に属する寺院で、一般に「目疾地蔵」の名で人々に親しまれている。平安時代の治安二年(一〇二二)、仏師定朝が四条橋の東北に地蔵菩薩を祀ったことに由来する。
寺と地蔵菩薩の名の由来は、安貞二年(一二二八)の鴨川氾濫時に、勢多判官中原為兼が、防鴨河使になった際、この地蔵菩薩が溺れ人を救う姿を見、それ以降地蔵菩薩を「雨止地蔵」と称し、「中原」の傍らに人と水を添えて寺名としたことによる。
その後、信仰深い老夫婦の眼病を自らの右目に移し、苦しみを救ったという逸話から、いつしか「目疾地蔵」になり、現在も眼病治療に霊験があるとして広く信仰を集めている。
本堂の地蔵尊像の傍らには室町時代の作といわれる「山越阿弥陀像」を祀る。また、観音堂には平安後期の春日仏師の作とされる木像の千手観音像(重要文化財)が安置されている。



【地図・アクセス】
京都市東山区四条通大和大路


【ホームページ】


MENU
天台宗・真言宗・臨済宗
浄土宗・浄土真宗
寺院その他
神社
京料理・京菓子
歴史・地域地名
京文化・花街・建築
祭り・イベント
文学作品・人
京都名水・石碑
その他
年間行事
過去問・練習問題
相互リンク・メール
京都検定とは